債務整理 費用 安い


岡田法律事務所



上記の法律事務所は全国対応で安心できる、親身に相談に乗って貰える弁護士法律事務所です。


何回でも無料相談できますので、返済がきついなと感じ始められたら、できるだけ早く相談して今の問題を解決して下さい。

債務整理の費用が安い所を探す前に、相場は幾ら位なのか?

 

相場はいくらなのか?

 

債務整理の費用が安い弁護士法律事務所、司法書士事務所を探していく時、まずは大体相場は幾らくらい手続き費用を用意していればいいのか、大体の相場を知らない事には調べようがありません。

 

 

そこで大体の相場の費用を、Webで徹底的に最新情報を調べまとめました。

 

 

ただこれはあくまで相場で債権の数や金額、保証人が付いてるのか、担保を付けてるのかどうか等、色々一人ずつ条件が違いますので、あくまで自分の場合はどうなのかな?という目線で平均的な相場だと思って下さい。

 

 

これより安くなる事もありますし、高くなる事もありますが、そんなに大きな誤差が出る事は無いです。

 

 

また、個人なのか法人なのかによっても、管財人を入れないといけなかったリ、東京、大阪、福岡等を始めとした各地で費用も少し異なって来る為、平均値でおおよそこれ位という数字になって来ます。

 

 

また消費者金融やカードローン、銀行からの借り入れ、日掛け等の出張貸付など、次第に多重債務になってきて、どうしても返済が苦しくなって来た時は、色々悩んで利息だけを払ったり、遅れ遅れ滞納しながら入金したりするよりも、債務整理の費用が安い弁護士さんを探して、相談に乗って貰って、できるだけ状況が悪化しないうちに支払いの問題を解決していく事が大事です。

 

 

ですが、弁護士さんなら誰でもいいのか?というとそういう訳では無く、弁護士さんもビジネスですから同じ借金問題の法的手続きをするにしても、料金設定も全く違い、トータル的な手続きの合計金額は変わって来ます。

 

 

また手続きがスムーズでない、借金問題解決に慣れて無い弁護士さんも多数居ますので、今回は安く、また手続きがスムーズにいく為のポイント等も含めまとめ、債務整理に強い数々の訴訟に打ち勝ってきた実績のある評判の良い弁護士さんを選択してます。

 

 

この記事をしっかりご確認なさる事で、あなたの債務整理の費用が安い弁護士さんを見つける事ができ、また手続きに慣れた専門の適任の弁護士さんを見つける事ができますから、安全で早く安心して手続きが行える様になります。

 

 

早速以下をご確認なされて、あなたの借金の問題を一刻も早く解決して下さいね。

 

 

それでは行ってみましょう。

 

 

債務整理の費用を安い所を比較するには、まず全部で4種類の手続きの種類を知る事

 

全部で4種類

 

まず、債務整理と任意整理や調停、破産とどう違うのだろうと思ってる方もとても多いのですが、借金を整理する事全てを大きなくくりで債務整理と言います。

 

 

その債務整理の中にはいくつか種類があって、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理があります。

 

 

全て債務を整理する為の手続きではありますが、この4つは全て問題解決に向けての手続きの仕方、費用、等各条項が違います。

 

 

裁判所を通さないと手続きができないものが、『自己破産』『個人再生』『特定調停』です。

 

<自己破産>
自己破産は、借りてた借金を財産等を全部売れるものは売り、返済を一切しなくて良くなる方法で、裁判所から免責が降りなければ自己破産する事はできません。

 

 

<個人再生>
個人再生は、自己破産と違い、住む家等生活に必要なものを残して、残りの元金を5分の1迄圧縮し、もう一度再生する為に返済を見直す事が出来る、方法です。

 

 

<特定調停>
特定調停は、調停委員に間に入って貰って、借金の返済の条件等を今よりも軽くして貰う事が出来る方法です。

 

 

上記3つの方法はいずれも、裁判所を通して手続きをするので、手続きに時間がかかったり、官報等に個人情報が載る事、情報機関の登録機関が10年掲載される場合がほとんどです。

 

 

それに対して裁判所を通す必要が無いのが、弁護士さんや司法書士さんに入って貰って、任意で整理する任意整理になります。

 

 

依頼したその日に裁判所の様な手続きも無いので、スグに督促や取り立てが止まります。

 

 

官報にも個人情報が掲載される事なく、また住宅(マイホーム)を持っているとか、車等を売却してしまわないといけないという事もないです。

 

 

長く取引があり増額等を受けてた場合も、借り入れた金額を利息制限法に基づいて、初回支払いから計算をし直し、融資された以上に過払いが発覚した場合等は過払い請求する事も可能で、かなり自由度と社会的制裁の少ない、今最も人気の借金問題の解決方法で、借金返済の悩みから依頼したその日から解放されていく事ができます。

 

(もちろんその後、無理の無い金額で返済する必要がある場合は、分割で支払っていきます。)

 

 

電車のつり革や、ラジオ、街角の看板、テレビCM等の広告でも沢山の宣伝をしていて、今どの法律事務所のものすごく問い合わせが多いのですが、あなたも多少ご存知の事だと思います。

 

 

債務整理の費用が安い任意整理は、今最も人気でおすすめの借金問題解決方法

 

上記で触れました様に、任意整理は任意で整理するので裁判所を通す必要が無く、またそういった裁判をする必要も無いので、手続きが早くまた社会的ペナルティ(ブラックリスト)に掲載される期間が通常10年掲載されるのがほとんどなのに対し、5年と短いため、リスクの少ない借金問題解決の為の手段として非常に人気のあるおすすめの借金問題の解決方法になります。

 

 

任意整理で払っていく支払い回数の上限は通常最大で36分割です。

 

 

つまり3年間の間、支払わなければいけない借入先を金利引き直しした金額で計算し、支払って完済していける見込みがある場合、成立します。

 

 

借入れした金額があまりにも多すぎて、利息制限法で金利を引き直して借金の元金を計算しなおしても、借入先の合計金額÷36がとても今の仕事を続けて行って、毎月ちゃんと借入金を分割で返していける見込みが無い場合は話し合いは成立しない事がほとんどです。

 

 

大体の方は流石に利息制限法に引き直し、借入当初から計算しなおして、必要以上に支払った分をカットすると、36分割で払い込める見込みのある方が多く、直接あなたが借入先とこの任意整理の交渉をしてもほぼ受け入れて貰う事は出来ませんが、知識と経験が豊富な法律の専門家の先生の方々が介入するとすんなり任意整理で毎月現金を幾らずつ支払うのかの話し合いが成立します。

 

 

過去に借入した借入先の過払い請求も可能

債務整理の費用の安い所を探す時には、すでに完済してしまった取引もあると思います。

 

出来ればあなたの借金の債務の返済が大変な状況を再建していく為には、手続きに資力(費用)も必要ですからどうにかして捻出したいところ。

 

 

そんな時は過去に完済してるものがあれば、完済後10年以内であれば、取引初期からの返済を、利息制限法の計算方式で計算しなおし、余分に支払った利息を取り返す事ができます。

 

 

各金融業者さんにどんな支払いをしてて、いつ幾ら払ってたなんて細かい明細が無くても問題なく、過去に借入をしていた代表者さん宛てに調査して欲しいという交渉を、弁護士さんや司法書士さんはしてくれます。

 

 

書面が発送され取引明細が分かって来て、具体的貸付日や入金日、入金した金額等が分かり、初期からの利息と元金の支払いが余分に払い過ぎていた時は、返還請求ができます。

 

 

この過払い請求で数百万円を取り返す事例も実は沢山あって、そういえば過去に完済した取引があるという場合は、10年以内の時効になっていなければ、過払金は返金請求されると良いです。

 

 

もしかして過払い金請求もできるのかな?余分に払ったのではないか?と思われたら、任意整理の際に弁護士の先生等に詳しく聞くと、一緒に教示して貰う事ができます。

 

 

債務整理の費用 安いのは法テラス?

 

どっち?

 

債務整理の費用が安い所を探していくと、法テラスという名前が、検索に出て来る事もあると思います。

 

 

この法テラスについて概要を解説しておくと、法テラスは弁護士さんや司法書士さんが集まる国民が法律の問題で困る事が無い様に、割とそんなに構えなくても弁護士さんや司法書士さんを利用して相談できるようにと設立された窓口で、法律の事を案内してくれるところです。

 

 

日本司法支援センターというところがさまざまな事件解決に向けてやっているのですが、法テラスに登録してる弁護士事務所、司法書士事務翔、所属してお手伝いなさってる弁護士さんや司法書士さんが全国に沢山います。

 

 

そしてその中の一環として、借金の問題に関してももちろん、法テラスは窓口業務の一つとして相談窓口を提供しています。

 

 

基本的には法テラスを使いたい場合は、連絡して行く日の予約日を決めます。

 

 

そして当日出向いて相談した場合、依頼するとなると、法テラス推薦の弁護士さんを紹介される事が多いのですが、法テラスに行かずに弁護士さんに先に相談して、法テラスを使えませんか?と依頼する事もできます。

 

 

その場合、法テラスの制度で支払いする事ができ弁護士費用やその他予納金等を始めとした手続き費用を立て替えて貰う事が出来るのが大きなメリットです。

 

 

この援助して貰える制度を民事法律扶助というのですが、依頼する為の費用や手続きに必要な切手、印紙、書面作成代、成功報酬の部分も立替して貰う事ができます。

 

 

ですがこの制度は、使えない人も居て基本、審査があります。

 

 

この審査はいくつかの条件があり、まず収入面が低いというのが審査に合格する条件の一つになります。

 

 

独身で一人の場合は、基本的に東京や大阪等に住んでる場合は、20万200円以下の所得、それ以外の地方だと18万2千円以下の所得で無いと審査通過しません。

 

 

また家族が何人いる状態なのか?によっても、月収これ以下でないといけないという条件が変わって来ます。

 

 

詳しい所得金額(これ以下だったら審査に通るという内容)については、以下の表の様に規定されています。

 

 

赤は東京Y大阪等、黒は地方

一人 20万200円以下/18万2千円以下
二人 27万6千100円以下/25万1千円以下
三人 29万9200円以下/27万2千円以下
四人 32万8000円以下29万9千円以下

 

 

また給料面で条件を満たしていても、資産と言われるもの、貯金や株等を始めとした有価証券、不動産物件(係争物件と自宅以外)がある場合も審査に通りません。

 

 

ちなみにその財産を計算した際、以下の金額以下で無いと、民事法律扶助は使う事が出来ません。

 

一人 180万円以下
二人 250万円以下
三人 270万円以下
四人 300万円以下

 

また個人でないと使う事はできず、組合の方等は利用する事が出来ません。

 

 

また手続きを行って勝てる可能性が無いものに関しては利用させてもらえません。

 

 

例えば債務整理をする場合に、示談、和解、調停、破産手続きした際の免責が勝ち取れる可能性もある場合しか受け付けて貰えないのが特徴です。

 

 

あとは、民事法律扶助の狙いに適した条件に適合する方のみです。

 

 

例えば、宣伝や権利汎用する様な事の為に、民事法律扶助の使用を希望される場合は、審査が通りません。

 

 

多重債務等を解決する為に利用する場合、立て替えて貰った費用は、毎月分割で支払いをして行き、基本毎月1万円ずつ返還して行く事になります。

 

 

またこの民事法律扶助を使うと債務整理の手続き費用がほとんど無い状態でも、立て替えて貰う事ができ、月に基本的に1万円ずつ返還していける様になります。

 

 

また金利がつくのではないか?と思われる場合も心配いりません。

 

 

金利も一切加算される事もなく、負担も無いです。

 

 

返還してる最中に仕事が無くなったり、入院したり収入が途絶えてしまう様な思いがけない事が怒った場合は、少し待って貰う事も出来ますが、何も連絡せずに放置して延滞すると、やはり差し押さえが行われたりして、回収される可能性がありますし、債権回収代行業者さんに委託されてそちらから請求の連絡が入る様になる事もありますので、返還する義務の部分は、努力して返納していく必要があります。

 

 

それから法テラスに行って面談をして民事法律扶助の審査を申請しなくても、持ち込み方式でトップクラスの弁護士さんや司法書士さんに、法テラスの民事法律扶助を使いたいと伝え、手配をしてもらう選び方もできます。

 

 

その場合、弁護士さんや司法書士さんが法テラスの会員でなければ使う事が出来ません。

 

 

また法テラスの民事法律扶助を使いたい場合のデメリットは?というと、まず審査がある事です。

 

 

審査に通過する迄は、弁護士さんや司法書士さん等はお支払い頂けるのかどうか、分からないという状況になりますので、債務整理を依頼するにしても、業界では審査が通ってから着手する弁護士さんや司法書士さん方も多いです。

 

 

その辺りは弁護士さんや司法書士さん方の考え方によって左右します。

 

 

そうなって来ると、支払いを一旦止めて、債務整理をしたいのに、審査の段階では審査はしてるものの、取り立てや督促は続くという状態になりますので、お勤め先に取り立てがストップできずに連絡が入ってしまったり、自宅に業者さんが来てしまったりする事も多いにあるのがデメリットです。

 

 

審査には大体2週間から3週間位を要し、代理人がもしも選任されなければ意味がありません。

 

 

最も法テラスを使うと得するパターンは、生活保護を受けられてる場合です。

 

 

収入面での経済力が弱い方を助ける為に作られてる方を助ける為の指針で作られた民事法律扶助ですので、生活保護を受けられてる場合は、手続き費用を立て替えて貰う事ができ、また返還していく必要がありません。

 

 

つまり実費等が無くても、無料で相談できて、無料で債務整理の手続きをして貰う事が可能になりますので、生活保護の方が、この民事法律扶助を使う事で、最も大きな効果が出て来ます。

 

 

またこの条件に合わない、(所得が多かったリ、資産が基準値以上あったりする場合等を含む)時等は、そもそもこの制度を使う事も出来ないですから、一概に全員この制度を使う事が良いとも言えないので、基準値以上の時は明らかに難しいです。

 

 

あなた自身が上記の審査ラインにきわどい時は、スムーズな流れとしては弁護士さんや司法書士さんを探して、適用出来るのかどうか総合的な事も含め、聞いてみるというのが早くて確実です。

 

 

債務整理をして、クレジットカード決済できなくなるのが怖い場合の対策法

 

債務整理の費用が安い法律事務所を見つけて、債務を減額できたり、毎月の分割払いを少なくできるのは本当に助かるけど、今後クレジットカード決済が出来なくなったら、本当に困ってしまうのではないか?と心配していらっしゃる方も多いと思います。

 

 

実際、クレジットカードを法的手続き後に作る事が出来ないのかな?と色んなサイトを匿名で書きこんで質問したり、参照して探していらっしゃる方も沢山いる位です。

 

 

まさか、債務整理の費用が安い先生に依頼してる最中や、手続き費用を支払ってる最中にまたお金を借りたいと思うなんて事は流石に思われないと思いますが、これだけネット決済が普及する中で、クレジット決済ができなかったらとても困る場面もあります。

 

 

実際手続きを始めた時、貸金業者さんやクレジットカード会社さんで、法的手続き中なのに、またほとんど期間が経過してないのに、審査を通してくれるところ等はほとんど無いです。

 

 

ですから今までの様に、クレジットカードを使ってリボ払いや一括払い、月々の分割払い等でカード会社に建て替えて貰う事は、情報機関等の信用度を見ると、事故があるという事が分かるので、利用出来ません。

 

 

それでは困るじゃないか?と思われると思いますが、安心して下さい。

 

 

今はデビットカードというものがあります。

 

 

特に任意整理の場合は、情報機関に『事故あり』の情報が掲載されるのも、裁判所を通した時と違って5年間のみと非常に短いです。

 

 

その間VISAやJCB等一般的なクレジット決済のカード申し込み等は審査に通りませんが、デビットカードであれば、銀行口座に残高を用意していると、ほぼとほんどの決済が可能になります。

 

 

また限度額等の考え方は無く、あなた本人の預金口座に入ってる金額の全額分を決済可能枠として利用する事ができ、審査無しでクレジットカード決済ができてしまうのが、デビットカードの強みです。

 

 

またインターネット上の分割決済等も決済システムによってダメな場合もありますが、決済を申請する一番最初の時に決済する為の十分な残高があれば、デビットカードを登録して利用してると、分割決済手数料等少しかかりますが、分割決済もクリック1つで可能になる場合も沢山あります。

 

 

そして任意整理で5年を過ぎる時間が経過したら、情報機関に記載されてしまっていた俗に言うブラックリストの記録は削除対象となりデータは消えます。

 

 

また事故がある事のデータが消滅した後(最低5年後)に、カード発行を申し込めば、過去契約後に延滞等をして、任意整理等事故を起こしてしまった相手方の会社でなければ、クレジットカードの審査に通る事が多いです。

 

 

その為、債務整理の費用が安い法律事務所等に依頼できたとしても、今後一生涯の人生で、VISAやJCB等の決済ができなくなってしまうのではないか?金融機関のクレジット支払いができないのでは?と心配だとなさってた場合は、その部分は心配する必要が無いので、問題無いです。

 

 

債務整理の費用が安い法律事務所が見つかっても、費用を払えないのではないか?

借金の支払い額が多く収入と返済のバランスが崩れ、管理できなくなった時は、できるだけ早く借金問題を解決する為の法的手続きを決定して、借入先に法的手続きをする通知を送った方が良いです。

 

 

しかし、債務整理の費用が安い法律事務所の先生が見つかったとしても、今お金が無いのにとてもじゃないけど、費用を支払えないのでは無いか?と思われると思いますが、その点はほぼ心配しなくてOKです。

 

 

というのも法律事務所の方々も沢山の方を毎日診断され事案を解決していらっしゃる方々ですので、今が本当に最大のピンチだという事は重々承知です。

 

 

その為、相談者(お客様)として依頼された場合、実際依頼するとなった場合は、各法律事務所の長年の運営の経験から、手続き費用の分割決済に応じて貰えるところがほとんどです。

 

 

逆に、一括でないと受け付けないという法律事務所は皆無に等しいです。

 

 

最初の相談もフリーダイヤルやサイトのフォーム等から日曜祝日関係無く、無料で相談をスタートできるところが多く、あなたの借り入れ状況等を聞き、沢山の借金解決の体験を元に、あなたに一番会った適切な借金解決の方法をシュミレーションを含めしっかりと教えて貰えて、その支払いを済ませても十分、あなたの今の収入の範囲で弁護士さんの費用も支払っていける金額で支払って行けます。

 

 

結構、債務整理の費用が安い所が見つかるのは良いが、払うお金の手持ちが今無いんだけどと悩んでる方は以外とものすごく多いのですが、どんな種別の手続きをされても、今お金が無い事を悩む必要はありません。

 

債務整理の費用が安い弁護士を探すコツ

 

探すコツ

 

借金を法的に処理しようと思うと、あなた一人対業者さんでは、任意整理の受付等なかなかして貰えませんし、交渉が不可能です。

 

 

その為、法的な資格を持ってる法律の専門家に手続きを依頼するしか方法は無いのですが、債務整理の費用が安い弁護士さんを探すコツというのがあります。

 

 

まず相談をする際、基本的に弁護士さんは相談から通常は費用がかかるものですので、手当たり次第近所の弁護士さんの所に相談に行くと、相談料がかかりますと言われたりします。

 

 

弁護士さんによってまちまちですが、30分5000円〜1万円の相談料がかかったりする事が多々ありますので、債務整理の費用が安い弁護士さんを探そうと思ったら、そもそも相談料は無料の弁護士さんを探して質問していくのがベストです。

 

 

そして、借金の相談をする際は、なるべく会社の同僚や近所の人等にはバレたくないものです。

 

 

その為、弁護士事務所に相談に行くとなると、あなたがお住まいの近くのエリアの事務所に出入りしてる際に、知人や友人に見つかってしまったり、近所の人にバッタリ鉢合わせしたりする事が多々あります。

 

 

特に仕事先や取引先、友人・知人、近所の人等に絶対に事務所に出向く際、バッタリ会う事はないという保証はどこにもありませんので、基本相談等は電話やメールで相談できて一度出向く必要のない所がベストです。

 

 

またそういうメールや電話で相談できる法律事務所であれば、東京、大阪を始めとして、借金の返還交渉専門でやってる弁護士さんが多いですので、相談しても非常に詳しく教えてくれますし、また手続きもかなり早く、また料金があまり借金の法的手続きをしてるところよりもかなり料金が安い所が多いです。

 

 

またあなたのお住まいが関東で、弁護士さんが関西等と言った遠方の場合も、きちんと書類作成して貰って、あなたが借入をした相手に交渉をしてもらう事ができます。

 

 

着手金の他に破産費用や任意整理費用、調停費用等項目によって料金は違いますが、支払いが苦しくお金に余裕が無い時に相談に来られる事が多いので、費用に関しては分割でお願いできる法律事務所が多いです。

 

 

弁護士さん等に借金の返済を依頼する際、弁護士事務所に1件1件行って話を聞くのも良いのですが、時間や交通費、相談料等の費用が発生する場合もあります。

 

 

また土日は裁判所も法務関係の役所が休みだったりする為、お休みの法律事務所も凄く多いです。

 

 

かといって特に弁護士さんに依頼する際の費用や報酬等をほとんど聞かずに依頼してしまうと、かなり高かったリします。

 

 

債務整理の費用が安い所を上手に探すには、事前に依頼する前に、この弁護士さんなら大丈夫なのか?また費用は総額いくら価格のか、また過払い金を請求する際は手続き費用を着手金含め幾らかかるのか把握した上でこの弁護士さんになら依頼できると、しっかり判断確認してから着手金をお支払いして借金を解決して貰った方が良いです。

 

 

一番いい方法は、以下の東京ロータス法律事務所という法律事務所があるのですが、ここの弁護士さんは債務整理を考えてる場合、受任して貰う前でも何度でも相談無料でメールで相談する事ができます。

 

 

法的手続気と言っても、なかなか一人では特定調停が良いのか、個人再生が良いのか、任意整理が良いのか、それとも自己破産を選ぶべきなのか判断つきづらいです。

 

 

そこでこの東京ロータス法律事務所だと、あなたの債務整理はどういう手続きをするべきなのか、問題解決できるのか、また費用はどの位税込でかかるのか等メールで相談できますので、借入状況の問題等に関して安心して色々お尋ねなさってみて、あなたのベストな方法で、借金問題を解決していく事が可能になって来ます。

 

 

法テラスに出向くという必要も無いですので、プライバシーも万全に守られ、弁護士さんとのやり取り等細かな事をやり取りして、何度でも相談する事ができます。

 

 

そして、債務整理の費用が安いし東京ロータス法律事務所に任せて大丈夫だなと感じられたら、最終的に、正式に着手金を支払って相談を開始する事が出来る仕組みです。

 

 

(東京ロータス法律事務所は、以下よりアクセス可能で、実際事務所に向かわなくても遠方、他県からでも何度でも相談は無料ですので、事務所に行く手間も省け、借金問題解決迄がスピーディ。

 

 

早速以下のページの相談専用フォームからメールでご相談なさって、見積もりを取って、毎日神経をすり減らす悩みから一刻も解放されて下さい。

 

 

岡田法律事務所